人は蒔いた種を刈り取る。

こんにちは。アバターマスターの竹内です。

今日は、「自分で蒔いた種は自分で刈り取らなければならない」ということについて、私の意見を書きたいと思います。これは聖書に書いてある言葉です。

人は、自分で蒔いた種は、自分で刈り取らなければいけないこの言葉には、たくさんの教訓が含まれていると思います。

いいも、悪いも、人間は自分が蒔いた種を刈り取ります。

だから、意図的に、自分が刈り取りたい現実の種を蒔けたら、いいわけです。でもそれがなかなかうまくいかないことがあります。

人生を再設計しようと思ったら、一度更地にする必要があります。

実際の農業を思い浮かべてください。

畑って、きれいに土地をならしてから、それから種とか、苗を植えて、食物を育てますよね。雑草とかがいっぱい生えているところには、植えないと思います。土地をちゃんと整えて、それから新しいものを植えるはず。

人間の意識も同じです。人生を再設計したいと思ったら、自分の意識の雑草を引っこ抜いて、意識の土地を一旦きれいにして、それから自分が育てたい信念の種を植える必要があります。

それでですね、私が思うに、この雑草の引っこ抜き方が難しい。意識の雑草には、自分が見たくないものがたくさんあります。自分の悪いと思っていることとか、ドロドロしたところ。

自分が見たくないものの例えとしては、不誠実な行いとか、人に対する恨みとか、憎しみ、妬み、あとは自己中心的なところとか、不正、裏切り、約束を破ったこと、自分勝手な振る舞いなどなどと。。。あげたらたくさんあります。

それを、自分が種を蒔いた、と認められないといけないんですね。それは自分が植えた、というのを認められなかったら、その雑草は抜けません。しかし、それが自分が植えた、自分がやった、と認められた時に、その雑草を自分で引っこ抜くことができます。そしたら意識が更地に戻ります。

これが難しいです。というのは、めっちゃ正直になる必要がるし、それを見るにはめっちゃ勇気がいるので。でも、思いっきり勇気を出して、それができたら人生が変わります。軌道修正されます。その先には新しい人生が待っています。

アバターはこれらのことをとても安全に行うことができる、精神的テクニックです。しかも、9日間という短時間で学ぶことができます。これはすごいことです!

今、ちょうど愛知県の豊橋市にてこれらの精神テクニックが学べるアバターコースを開催しています。3月20日までやっています。一番最初のステップは2日間あれば学べます。20日までの間で、2日間から勉強することができます。

ご興味がおありでしたら、ぜひいらしてください。まだ申し込みは間に合いますので。

その他に、自宅で学習できるテキストのセットとか、1時間の無料体験会があります。これは会場にいてきただいてもできるし、電話とか、LINE、スカイプなでの通信手段を使っても、提供することができます。

ご興味がありましたら、下記よりお気軽にお問い合わせください。

→ お問い合わせフォーム

アバターは本当にいいです。どうぞこの機会に、自分の人生をコントロールするためのテクニックを学びにきてください。

それでは今日はこの辺で失礼いたします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です