自分が望む現実の創り方

それでは、自分が望む現実をどうやって創るか、ということについて書きたいと思います。

まず、この世の中は、その人が信じていることが現実化しています。いいも悪いも。その人が本当だ、と思っていることが現実化しているだけなんですね。なので、その人の信じていること、思っていることを管理、コントロールすることがとても大切になってきます。

その人の意識が先なんですね。

例えば、その人が幸せを経験していたら、幸せな状況が引き寄せられてきます。逆に、「不幸だな〜」って思っていたら、その考えとか感じを証明するような現実が引き寄せられてきます。

私たちは通常はその逆と思っていますよね。外側の状況が不幸だから、自分は不幸の感情を感じている。外側が好ましい状況だから、幸せを感じている。でも、実はそうではないんです。最初に自分の意識ありきなんです。

だから、自分が望む現実を経験するためには、まず先取りで、その状態が達成された状態をありありと思い浮かべたり、また、達成された時にどんな感じがするのかを先取りして感じたり、また、その状況は達成できると無理なく思えたり、そういった状況を意図的に創りだす必要があります。

常に、その人の信じていること = その人の外側の現実です。いいも悪いも。

そうするために、意識をトレーニングする必要があります。私は、意識というのは、筋力のようなものだと常々思っています。トレーニングしたら、思い通りになると思っています。

身体の場合もそうですよね。筋力がなかったら、思い通りに身体は動かないけど、運動したり、筋トレしたりして、筋力が付いてくると、身体も思い通りにコントロールできるようになってくる。それと同じです。

望む現実を創り出すための鍵は、意識を鍛えて、意図的に使えるようになることです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です